なんとなく

聴いてる音楽とか

反射光

 

午後の反射光

午後の反射光

 

この音源がリリースされてから、ほとんど毎日聴いている。名前は知っていたが、ちゃんと聴いてなかったことを後悔した。

 


君島大空 MV「遠視のコントラルト」

君島大空には何らかのシーンが見えていて、それを音楽として表現できてしまうんだろう。こういう才能に出会ってしまうと感動とかを通り越して落ち込む。

 

yagizawave.blog.jp

詩的で個人的な歌詞だと思う。言葉ひとつひとつの意味や響きが音楽と有機的に結びついている。

 

 

www.youtube.com

sora tob sakanaの新譜にも楽曲提供していた。照井さんが頼んだのだろうか。蓮尾さんやJYOCHOだいじろー含め、人選が素晴らしすぎる。

 

20181229 LILI LIMIT size L @RISING HALL

最後のライブなので見届けようと思い、年末だけれど山口へ向かった。大阪でのライブも観たものの、ツーマンのゲストということもあり少し消化不良だった。結果的に行って良かった。

続きを読む

最近聴いてるやつ

色々と生活が変わって気付いたら3ヶ月経っていた。働き始めてからそんな繰り返しだな。
かつてほどではないけれど細々と音楽は聴いているので、最近気に入ったやつを。
もっと若いころにサブスクリプションサービスが欲しかったと近頃よく思う…。


・飛べない理由/イトカムトビコ
またかよって感じですがやっとMVができたので。今年知ったバンドで一番ぐっとくる。


・なんにもいらない/冬にわかれて
完全に好きなやつ、全然知らなかった。



・Blue Hour/Homecomings
Homecomingsは新譜でまた一段と良くなったように思う。


・楽園の君/österreich
國光のギター、タイトル、the cabsというバンドがいたこと。以上です。

最近聴いてるやつ

簡単に最近聴いてるのをメモ。

・星流し/イトカムトビコ
最近「タイムリミット/飛べない理由」というシングルを聴いて興味を持った京都のバンド。インディーズの頃のきのこ帝国のような印象を受ける。少なくともApple Musicにはあるんでぜひ。
「タイムリミット/飛べない理由」はMVがないみたいなので過去のものを貼っておきます。この曲は歌詞を読むと結構面白い。SFのショートショートみたいな例え話で、いなくなった人達を「釈放の時を迎えた」と表現するのは、辛い現実を受け入れるひとつの方法なんだろうか。広い意味で死別の歌のように感じた。


はじめはめずらしく明るめの曲だな、くらいにしか思ってなかったが、ライブのアンコールで演奏している姿や歌詞で好きになった。


・発見/sora tob sakana
シングルのカップリング曲なのにMVがあるという。ポストロック感があってかっこいい。ミニマムな音が構築されていき、無機質な映像と連動する様はそれこそハイスイの「地下鉄の動態」を思い出した(ハイスイ照井順政さんプロデュースなこともある)。シングル表題曲「New Stranger」は逆に色々と詰め込まれた曲だがそちらの方も良いのであわせてどうぞ。


夏の終わりの切ない感じもあり。


・Blow/Orchestre Tout Puissant Marcel Duchamp
たまたま見つけたスイスのバンド。バンド名が覚えにくい。一番新しい4枚目のアルバム以外見つからないので、中古でも買うしかないのかな。


ライブ観てみたい。絶対気持ち良い。

20180619 Cö shu Nie Oneman Live「asphyxia」@TSUTAYA O-nest

節目のワンマンライブなので久しぶりにコシュニエを観に行った。
ソールドしてたらしく満員でした。アニメOP起用とメジャーの影響はすごい。

続きを読む